Waterproof Methods

防水工法

ウレタンゴム系塗膜防水とは?
ウレタンゴム系塗膜防水とは、液状の材料であるウレタン樹脂を塗り、その後、塗布したウレタン樹脂が固まることにより、ゴム状の弾性のある防水層が形成される防水工法です。特徴として、最初の状態が液体状なので、凸凹した下地や複雑な形にも簡単に施工でき、繋ぎ目の無い一体性の防水層を形成できます。また改修の際には、既存の防水層を撤去せずに直接、塗り重ねることが可能なので、コストパフォーマンスも高い工法といえます。
FRP防水とは?
FRP防水とは、金属の代替品として開発され、飛行機や船舶の部品としても使用されている「FRP(強化繊維プラスチック)」を防水層として応用した防水工法です。防水層は軽量かつ強度も高く、耐熱性や耐食性に優れているという特長があり、お風呂場や植栽部での防水工法としても用いられます。液体状の材料を用いる為、継ぎ目のない一体性の防水層を施工することができます。
塩ビシート防水とは
塩ビシート防水とは、塩化ビニル樹脂を主原料としたシートを用いた防水工法です。シート自体は工場で生産されているため、防水性能や寸法(厚さ・幅・長さ)などのばらつきが少なく、均質な防水層を形成できます。下地への接着方法として、接着剤を用いて張り付ける工法と、アンカーなどを用いて機械式の固定する工法があります。
改質アスファルト防水(トーチ工法)とは
改質アスファルト防水(トーチ工法)とは、アスファルトを主原料としたシートを用いた工法です。アスファルトは熱を加えることで溶け、逆に冷えるとすぐに固まるという特性を持っています。この特性をうまく利用し、下地と接着するアスファルト面をバーナーで炙って、シートを張り付けていくことで施工します。